忍者ブログ
つれづれなるままに綴ってみる。
[251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


金正恩朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第1委員長と朝鮮人民軍兵士のハートフルストーリー(迫真)

*******

2015年12月29日(火)〜2015年12月31日(木)の2泊3日の日程で北朝鮮に観光旅行に行ってきました。

小さな頃から親しんでいた盛岡冷麺のルーツが平壌冷麺だったこととか、国交がなく謎が多過ぎる北朝鮮の様子とか、大学生の頃に第2外国語で朝鮮語(韓国語)を選択してハングルが読めるようになったこととか、いろいろあって朝鮮半島、特に北朝鮮には興味を持っていました。
いつか北朝鮮に行きたいとは思ってはいたものの、日本から直接渡航はできないですし、旅行代金も結構いいお値段するのもあって、なかなか行動に移すことができませんでした。
また日本人拉致事件や核・長距離弾道ミサイル開発問題など、日本人が北朝鮮に渡航するのはいかがなものか的な論調も強いことも承知しています。
それでもなお、かの国を自分の目で見てみたかったというのが今回北朝鮮へ行ってみようと決断した理由になります。
相手を知らなければ何にもならないですからねえ。

*******

「北朝鮮に行ってきました!」と言うと、「日本人が北朝鮮へ行けるの!?」と驚かれるのですが、安心してください、渡航できますよ。
もちろん好きなときに好きなように行けるわけではありませんが。
あらかじめ北朝鮮旅行を取り扱っている旅行代理店に申し込めば、ビザや航空券の手配をすべてやってくれます、楽チンだぬ。
朝鮮総連系の中外旅行者と秘境旅行に強い307インターナショナルが有名ですが、総連系のところに金落とすのは何か癪だったので、307インターナショナルに旅行の手配をお願いすることにしました。
(いずれにしてもビザの発給は総連を通す?ようですのであまり変わりはないのですが、そこはまあ自分の気分ということで)


北朝鮮の観光ビザと北京平壌の航空券とパスポート。

*******

年末年始に少しまとまったお休みをもらえたので、スタンダードな3泊4日のコースにしようかと思いましたが、年始に親戚のところにも挨拶しに行かなければならない事情もあり2泊3日の少々窮屈なコースになってしまいましたが、まあちかたないね。
ちなみに今回の旅行は私ひとりだけではなく嫁さんも同行しています。
以前から北朝鮮に行きたいという話をしていたのですが、「(私が)行くなら一緒に行く」「新婚時代にクソ忙しくて新婚旅行に行かなかったから新婚旅行の代わりに、どうせなら他の日本人が行かないところに行ってやろう」という結論に。こいつら相当の変わりモンだぬ……。


金日成広場にて先軍ポーズで記念撮影する夫婦(白目)
新婚旅行で北朝鮮を選んだ夫婦が他にいれば、誰か教えろください。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
高千穂第1書記/樽
性別:
非公開
職業:
ダメ人間。
趣味:
お絵描き、その他いろいろ。
自己紹介:
名誉山梨県民兼山梨県親善大使。
ヴァンフォーレ甲府のにわかサポ。IGRいわて銀河鉄道の後方支援部隊メンバー。VOCALOIDは鏡音ツインズが好き。JR九州817系電車も好き。
ブログ内検索
リンク
アクセス解析
忍者ブログ [PR]