忍者ブログ
つれづれなるままに綴ってみる。
[252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冷麺を食べてお腹いっぱいになった俺たちは、次の観光スポットに移動します。
向かうは平壌郊外の万景台(マンギョデ)。
ここには遊園地や動物園、そして朝鮮建国の父であり偉大な領袖(朝鮮政府比)であらせられる金日成主席様の生家が保存されています。

冷麺を食べていた頃は雪の降り方も弱くなっていたのですが、万景台に到着する頃には本気降りに逆戻り。
我々の訪問に主席様がお喜びになられているということか……!

主席様の生家に向かおうと雪の進軍、氷を踏んでいたところ、トラブル発生。
元々少食な嫁さんが朝鮮式お・も・て・な・しで体力ゲージを削られ、走行不能!(白旗!)
食べ過ぎで気持ち悪くなってしまったということで、ガイドの金さんと一緒に専用車で待機することに。
私とりあえずとガイドの李さんのふたりで主席様の生家に向かって八甲田作戦開始します!

八甲田作戦の道すがら、李さんから「高千穂さんは日本人拉致問題や朝鮮の人権問題とされるお話についてどう思いますか?」と聞かれました。
きたあああああああ!政治と宗教とプロ野球の話はアウト!の政治部門、そしてある意味宗教部門のツートップ、きたあああああ!
ガイドさんは朝鮮のエリート階層で体系的なイデオロギー教育を受けている、しかも朝鮮の国是は反米・反日なので、こういう話題を振ってくるようです。
(今回のガイドさんはこのタイミングでしかそういう話題を振ってきませんでしたが。

ガイドさんを論破しようとする日本人もいるらしいのですが、今回は郷に行っては郷に従え、彼らがどんな考え方をしているのか気になったので、そのまま聞くことにしました。
あと論破するのも逆質問するのも面倒だったので(迫真)
ネトウヨにばれたら、売国奴・非国民となじられひゃう!(ビクンビクン)

拉致問題は将軍様が謝罪して、被害者の5名とその家族を日本に戻したもんね!なのに安倍はまだ未解決と言い張るんだもん!こんなの絶対おかしいよ!(まどマギ風)
脱北者の朝鮮の人権状況は最悪という証言も怪しいもんね!あれは米帝や日帝や南朝鮮傀儡一味が金出していい加減なこと言わせてるんだもんね!

李さんのお話を聞いてて、結論としては「アベ政治を許さない!」の一言に集約されると思いました(安倍首相とばっちり感)

そんな楽しいお話をしつつ、主席様の生家に到着。
李さん曰く、「ここは朝鮮人民にとって一度は訪れたい聖地。今日は雪のせいで人はいませんが普段は人で溢れています」

私も今まで「聖地」と呼ばれている場所にはたくさん訪れました。
木崎湖(長野県・おねがいシリーズ)、小諸(長野県・あの夏で待ってる)、白川郷(岐阜県・ひぐらしのなく頃に)、秩父(埼玉県・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)、そして大洗(茨城県・ガールズアンドパンツァー)。
そんな私の聖地巡礼マップに新しく平壌・万景台(アニメ・これが私の(金日成)主席様)が追加されたかと思うと感動で胸が熱くなります。

有名なゆがんだ壺。(見えづらいですが……)
主席様の生家は貧しかったことから、壺を買うのにも事欠く状態だったそうです。
焼くのに失敗してゆがんだ壺を譲ってもらって使っていたとのこと。

とても綺麗に保存されている生家、というか随分と新しい。きっと補修して綺麗に維持しているんですよ(震え声)
あと家族写真が飾ってあったんですが、貧しかったという割には写真を残す余裕は……きっと主席様が首相になって余裕ができた後に撮影したんでしょうね(震え声)

この万景台にも荘厳なBGMが流れていて、さながら宗教施設のような佇まいでした。
主席様の生家を見学し終わっても、雪の降り方は全然弱まりません。
やはり我々の生家訪問に主席様はお喜びだったのでしょう(白目)
専用車に戻ると嫁さんの具合も大分良くなっていました。

後で嫁さんから聞いた話ですが、専用車で休んでいる時にガイドの金さんが「高千穂さん達のような、優しい日本人に会ったのは初めてです(迫真)」と独り言を言っていたそうです。
普段、どんな日本人を相手にしてるんだろうと思いました……。
観光ガイドという職業は人を相手にする商売ですし、観光客の国と朝鮮の政治体制の違いもあって、板挟みに遭うことも多く、いろいろと苦労されているようです。
様々な問題が山積している日本と朝鮮ですが、相手をしてくれるのは同じ人間なので、もし今後朝鮮に渡航される方がいらっしゃれば、そのあたりの事情も汲んで優しく接してあげてほしいと思いました(小並感)

*******

万景台の次は平壌地下鉄の体験乗車です。
平壌市内には千里馬(チョルリマ)線と革新(ヒョクシン)線という2つの地下鉄線が通っています。
開業は1973年、南朝鮮のソウル地下鉄よりも1年早く開業した朝鮮の技術力の高さ。
今回は千里馬線の始発駅・復興(プフン)駅から凱旋(ケソン)駅までの5区間に乗車します。
他の方の旅行記を読むと、日本人は復興駅から次の栄光(ヨングァン)駅までの1区間だけというケースが多いらしく、5区間も乗れる我々は勝ち組ですね(ニッコリ)
ちなみに路線名と駅名は元からある地名から取られているわけではなく、革命思想に基づく名前になっています。

平壌地下鉄は核シェルターを兼ねているので、とにかく深い。そしてエスカレーターが長い(迫真)
平均で地下90メートル、最深150メートルというから、最深で42.3メートルの都営地下鉄大江戸線よりも深いですね。
地下に降り立つまで約3分ほどでしょうか。エスカレーターの両脇からはオペラのような荘厳な音楽が流れています。


これも他の方の朝鮮旅行記で見たことあるやつだ!
行きたい駅のボタンを押すとLEDがピカピカ光ります。
李さんにボタンを押してもらいました。
ピカピカ光る案内図、かっけええんすよ。


これも他の方の朝鮮旅行記で何度も見た豪華絢爛なプラットホーム!
とても天井が高いですが、みなとみらい線の元町・中華街駅っぽいですね。
年季が入ってて節電(迫真)してるので薄暗いですけどね。


ベルリン市交通局から譲渡された車両。すげえ本物だ!
ベルリン分断前に設計され、分断後の東西ベルリン交通局に引き継がれたビンテージ品です。
日本の地下鉄ではまずありえない先頭車両が非貫通という仕様もポイントが高い!(日本ではトンネル内火災を想定して、先頭車両には必ず扉を設ける規則)
なお我々が訪れた2日後の2016年1月1日からは、金正恩第1書記が絶賛した最新型の100型が運行を開始しています。


社会主義リアリズムな壁画を観ると、ああ俺は社会主義国家に来たんだなあと実感します。
壁画の前に立つのは女性駅員さん。
ガルパンの審判さんが持っているような先端が赤丸な指示棒(?)を上に挙げると電車がドアを閉めて発車します。
なお発車メロディの類はなく、いきなりドアが閉まります。音はいわゆる爆弾ドア。
ホーム上では朝鮮労働党の機関紙・労働新聞が無料で立ち読みできるようになっています。

走行中の動画を撮影したので。
トンネル内は結構音が大きめ。
車内ではクラシック音楽(?)が流れているのですが、その音をかき消すレベルの走行音。


平日の15時頃でしたが、この日は復興駅から既に朝の有楽町線の新木場方面並みの混雑っぷり。
冬休みに入っているからか、子供たちの乗車率が高かったような。
ちなみに平壌地下鉄は全区間均一料金で5KPWで乗車できるとのこと。これは助かる値段設定。
ちなみに入り口の改札はICカード式でした。(我々は改札脇の別ゲートを通ったので、朝鮮式Suica体験はできませんでしたが)

席に座って写真を撮っていたら、子供たちは我々のことが気になるようで。
こういう反応は日本も朝鮮も一緒のようなw


 
凱旋駅で降りる乗客も非常に多かったです。
一説だと外国人観光客が地下鉄に乗車するタイミングでサクラの乗客を動員するという話もあるようですが、少なくともそれは嘘でしょう。
だってあんなに混まないし、皆さん普通に仕事やら行事やらで移動してるようにしか見えないので。


ちなみに凱旋駅もエスカレーター深過ぎでした。
エスカレーターで写真を撮影していても当然のようにスルーする平壌市民(大人)のスルースキルの高さ(真顔)


凱旋駅の外に出ると、駅名の由来になった凱旋門がどーんと構えています。
高さは60メートル、パリのエトワール凱旋門よりも10メートル高いらしいですよ。
主席様が祖国回復を志して平壌を発った1925年、平壌に凱旋した1945年を表す浮き彫りがあります。


やっぱりここでも先軍ポーズを決めないとね!(ニッコリ)



ちなみに凱旋駅の外観はこんな感じ。
平壌地下鉄の他の駅も大体こんな感じの外観です。


凱旋門のすぐ近くには、金日成競技場があります。
2011年、サッカー日本代表が22年ぶりに朝鮮で試合をして負けたスタジアム。
午前中に行った綾羅島メーデースタジアムと一緒に見てみたかったのですが、現在改修工事中とのことで外から眺めるだけでした。確かに工事用のフェンスで囲まれています。


凱旋門前の広場も朝からの雪でかなり真っ白になってました。
子供達が雪だるまを作っていたので写真を撮らせてもらいました。
恥ずかしがっていましたが写ってくれました。なんというか初々しくて良いねw

凱旋門前から再び専用車に乗って次の目的地に向かいます。
まだまだ平壌観光やりきるよー。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
高千穂第1書記/樽
性別:
非公開
職業:
ダメ人間。
趣味:
お絵描き、その他いろいろ。
自己紹介:
名誉山梨県民兼山梨県親善大使。
ヴァンフォーレ甲府のにわかサポ。IGRいわて銀河鉄道の後方支援部隊メンバー。VOCALOIDは鏡音ツインズが好き。JR九州817系電車も好き。
ブログ内検索
リンク
アクセス解析
忍者ブログ [PR]